予防歯科・歯周病予防

痛くなる前にできることがあります。

「歯が痛くなってから、あわてて歯科医院を訪ねる」という方はたくさんいらっしゃいます。
毎日お忙しい方にとっては、そのような状況になってしまうのも仕方がないのかもしれません。

しかし、予防できるむし歯、歯周病もあるのです。
早めに受診されることで、初期段階の治療で済む場合もあります。
ぜひ、定期的に歯科医院で歯のチェックを、おくの歯科医院で受けられることをおすすめします。

羽曳野・富田林のおくの歯科医院では、予防歯科に力を入れております
スタッフとして複数の歯科衛生士が在籍している為、常時2~3人の衛生士が医院におり、患者さまへのきめ細かな歯磨き指導やクリーニングなど、お口のサポートをおこないます。

また、歯科衛生士は日頃から講習会や勉強会にも出席しており、高い技術を患者さまへ提供できるよう、研鑽を重ねております。

予防歯科

皆さんはなぜ、むし歯ができるのかご存じですか?
歯みがきが十分でないと、歯の表面に細菌がついてしまいます。
それが集合体となったのがバイオフィルムで、これがむし歯の原因になります。
バイオフィルムができてしまうと、普段の歯みがきでの除去は難しくなります。

歯科医院では、このバイオフィルムを除去する処置をおこないます。
歯の表面や歯根の歯石を除去し、そのあときれいに磨きをかけることで、再びバイオフィルムが付着するのを防ぎます
歯石は歯垢(プラーク)が石灰化したものです。

このような歯のクリーニングを「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。
このPMTCを定期的におこなうことでむし歯を予防し、また歯周病予防にも効果を発揮します。

歯周病とは?

歯周病は、日本人が歯を失う大きな原因のひとつとなっています。
歯周病は、プラークと呼ばれる歯垢が原因で、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。
歯周病が恐ろしいのは、ほとんど自覚症状がないことです。
気がついたときにはかなり進行していますので、予防することがとても重要です。

歯周病は大人の病気と思いがちですが、そうとも限りません。
子どもでも歯肉炎という病気になります。これは歯周病のひとつです。
まずは、羽曳野のおくの歯科医院へご相談ください。

歯周病の症状

ほとんど自覚症状がない歯周病ですが、進行すると下記のような症状が現れてきます。

歯みがきのとき、歯から血が出る
口臭がある
歯が浮いた感覚がする
歯ぐきが腫れる
口の中にねばりを感じる
歯が動く
歯の間に食べものがはさまる

心あたりがあれば、早めに歯科で診察を受けることをおすすめします。

歯周病の予防のために

歯周病は、口の中の細菌が原因ですが、身体の状態や生活習慣病なども影響しています。
歯科での治療と生活の見直しによって、進行をストップし、改善することができます。

ただし、定期的な歯のクリーニングや正しいブラッシングを続けないと、再び症状が悪化します。
ひどくなると歯周外科手術をおこなうことになってしまいます。
症状が軽くなったと安心するのは禁物です。歯科医院で定期的に歯の状態をチェックしてもらいましょう。
気になる方は、羽曳野市のおくの歯科医院へご相談ください。

新着情報

一覧へ >
2019/11/27NEW
12がつの診療予定
2019/10/21
11月の診療予定
2019/09/30
10月の診療予定
スタッフブログ 料金表 歯医者ガイド