一般歯科・根管治療・親知らず・ナイトガード・マウスピース

歯のことなら何でもご相談ください。

羽曳野市のおくの歯科医院はインフォームドコンセントを大切に、患者さまのお気持ちを大切に治療いたします。
歯や口の中のことなら、どんな些細なことでもご相談に応じますので、羽曳野・富田林付近で歯医者をお探しの方はお気軽に喜志駅最寄の当院へお越しください。

一般歯科

「歯科医院へ行くのは怖い」「時間もないし、面倒だな」
そう思って歯科医院から足が遠のいている方も少なくありません。
むし歯が痛くなってから、歯科医院に駆け込み、削って詰めるということを繰り返していては、歯の状況はどんどん悪くなってしまいます。

羽曳野・富田林近くのおくの歯科医院では最新の治療サービスを提供し、痛みの少ない治療、むし歯・歯周病の予防など、さまざまな面から患者さまのお口の健康を守ります
予防、治療、メンテナンスという総合的なケアで、患者さまの歯の健康をサポートいたします。

根管治療

歯の根の部分の治療が根管治療です。
むし歯が進行し、神経まで達してしまった場合などにおこなわれます。
歯を削り、詰めたり、かぶせたりするだけでは済まない状態です。

根管治療は、歯の神経が入っている歯髄をきれいに掃除します。
以前は重症なむし歯は抜歯するしか方法はなかったのですが、現在では、根管治療が発達したため、ひどいむし歯でも残すことが可能になりました。
歯の土台をつくり、自分の歯を残すために大切な治療です。

参考のため、根管治療が必要な症状をご紹介しておきます。

神経が残っている場合
  • 歯に痛みを感じる
  • 噛みしめると痛い
  • 冷たいものを食べると歯がしみる
  • 甘いものを食べると歯が痛い
神経がない場合
  • 歯に痛みを感じる
  • 噛みしめると痛い
  • 歯ぐきが痛んだり、腫れたりしている
  • 歯が浮いているような気がする

このほか、さまざまな症状がありますので、お心あたりの方は羽曳野・富田林の当院へご相談ください。
歯の根底になる根管治療をていねいにおこなっております。

親知らず

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?
親知らずは、多くの場合、思春期以降に生えてきます。
生えてくると上下のいちばん奥の歯になるので、歯ブラシが届かず、むし歯になりがちです。
また、実際にむし歯になったときも治療がしにくく、また繰り返しむし歯になりやすいため、基本的には抜いてしまうことが多い歯です。

また、親知らずがむし歯でなくても、「横向きに生えている」「前の方に倒れて、歯並びを悪くする」「前の7番目の歯がむし歯になる可能性が高い」「生え方が中途半端で、歯の一部が見えている」「骨の中に完全に埋まっていて、レントゲンで見ると問題がある」といった状態であれば、抜くことが検討されます。

一方、抜かなくてもいい親知らずもあります。
「まっすぐ生えてきて、他の歯と同じくきれいにブラッシングでき、むし歯になっていない」「骨の中に完全に埋まっていて、レントゲンで見ても問題はない」という状態です。
ただし、こういったケースはまれです。

抜歯は、顎の骨がまだやわらかい20歳代までにおこなうほうがスムーズです。
女性の場合、妊娠前のタイミングで抜いておいてもいいと思います。
また、血管や神経が通っているデリケートな場所ですので、慎重な治療が望まれます。
おくの歯科医院でも難しい状況の場合は、提携している専門の口腔外科をご紹介いたします。

ナイトガード

自分でも気づかないうちに、就寝中に歯ぎしりをしていることがあります。
多くの場合は家族などの指摘で発覚しますが、なかには奥歯などの歯の痛みで歯科医の診察を受け、それで気づくということもあります。

歯ぎしりはうるさいだけではなく、「歯に痛みを感じる」「歯がすり減ったり、割れたり、抜けたりする」といった症状が生じます。
また、歯に加わる力は食事をするときの2倍というデータがあるほど大きなもので、顎関節症の一因にもなりかねません。

歯ぎしりに有効なのが、ナイトガードです。
就寝時に口腔内に装着することで、歯への負担を減らし、歯ぎしりを軽減します。
歯ぎしりの原因は噛み合せの悪さ、ストレスが考えられます。
ナイトガードをすることで心が落ち着き、安眠がもたらされるというメリットもあります。

当院でも、ナイトガードを扱っており、治療効果をあげています。
症状にもよりますが、ほとんどの場合、健康保険が適用できます。
歯科医院でつくるナイトガードは市販のものと違い、その方の口腔に合った違和感のないものができあがります。
歯科医が噛み合せや歯の状態をチェックすることで、歯ぎしりを防ぎます
羽曳野・富田林で歯ぎしりにお悩みの方は、おくの歯科医院へおこしください。

マウスピース

よくボクシングで装着するのを見かけるマウスピース。
マウスガードとも呼ばれ、ラグビーや空手、格闘技でも必要なものです。
スポーツ用品店でも販売していますが、そういった商品は既製品のため、フィットするとは限りません。
呼吸をしづらいとの声もお聞きします。

当院では、オーダーメイドでマウスピースをおつくりしています。
院長が型をとり、自ら製作します。
約1週間で完成します(スポーツのためのマウスピースは自費になります)。

歯とお口の専門家である歯科医がつくるオーダーメイドなので、つけ心地もよく、機能性にすぐれたマウスピースです。
周辺の大学の運動部員の方のマウスピースも製作しており、「プレイに集中できる」「競技能力のアップも期待できる」とご好評をいただいております。

マウスピースのメンテナンスは、年に1回程度、破損やすり減り具合を確かめます。
顎の大きさが変わる成長期の方の場合、2~3カ月ごとに歯科医でチェックを受ける方が安心です。

新着情報

一覧へ >
2019/10/21NEW
11月の診療予定
2019/09/30
10月の診療予定
2019/09/04
9月の診療予定
スタッフブログ 料金表 歯医者ガイド